ヨーグルト食べると調子が良い

最近は朝にヨーグルトを食べることが多いですが、胃腸の調子が良いように思えます。

逆にヨーグルトを食べないと、お腹が重い感じがします。

日本人の体質にヨーグルトって合っているのかなって疑問に思っていたときもあるんですけど、やはり乳酸菌は偉大。

発酵食品の健康効果は万国共通のようですね。

日本の食事は発酵食品が多いですが、それは伝統的な食事に限ってのこと。

現代の食事には、お世辞にも発酵食品が多いとは言えないでしょう。

漬物や納豆、味噌汁などを意識して取るようにしないと、発酵食品が不足してしまうのは間違いありません。

おとなり韓国でもキムチという発酵食品があるように、食べ物を発酵させる文化が色々な国にあるのは面白いですよね。

先人の知恵には頭が下がる思いですが、ここ数年の驚くような生活の変化を考えると、現代の頭脳も捨てたものではないと思います。

特に流通の革命となるインターネット。

文化の革命となるスマートフォン。

これからますます色々な革命が起きてくると考えると面白いですが、やはり健康がなくては革命も楽しめません。

世間の移ろいを他所に、ヨーグルトで胃腸の調子を整えて、快適に毎日を過ごせればと思います。

生活習慣病の予防方法を考えてみた

生活習慣病ってなんとなく曖昧ですよね。

感染病とかと違って一体どこから病気だと診断されるのか、症候群なんて呼ばれるものもあって境界線がいまいち解り難いと思うんです。

基本的に私達の目に見えない、普段感じることのできないところで発症して進行していくのが生活習慣病であってだから何かしらの症状がでるころにはもう遅いって言うことでしょう。

でもこの進行が見えにくい生活習慣病は言葉を返せば予防できる病気であるということです。だから予防対策が大事なわけですがまずは食生活の見直しが大事です。

なぜなら体の中に何を入れるかによって体内環境は変わってくるからです。

食品添加物や人口賞味量を大量摂取していたり偏った食生活では体に負担をかけてしまい、長年続くと生活習慣病を引き起こします。

だからまず自分が毎日なにを口にしているかノートなどに書きとめてみるのはいい方法だと思います。

驚くことが沢山あると思います。食べる物の質と量を改善しなければいくら外へ出す努力や薬を飲んでも結局は意味がないです。

もちろん適度に体を動かすのは当然なのですが食事で毒を体に入れていては運動の効果も薄らいでしまいます。

白米を玄米にするとか、オーガニックの野菜を取るとか揚げ物を焼き物に変えるなどの努力でもだいぶ脂質と糖質は抑えられます。

なるべく自然に近い食品を取り入れることが生活習慣病の予防には最重要だと思われます。

年を取ると時間が過ぎるの早く感じるのは本当らしい

年を取ると時間が過ぎるのを早く感じるというのは、どうやら本当らしいです。

一年前に骨折したんですよね。

当時僕はジムのインストラクターをしており、びっこを引きながら仕事やトレーニングしていた姿は、多くのお客さんに見られていました。

そして先日、ちょっと捻挫をしてしまい、びっこを引きながらトレーニングしていたんですよね。

年を召された方いわく『またやったの?こないだやったばっかりなのにね』とのこと。

いやいや、一年も経っとるがな。

バスケットボールをやっている以上、捻挫なんて日常茶飯事。

一年間も捻挫しないこととか、まずあり得ないですね、僕の場合は。

もちろん捻挫をしやすい人、しにくい人といるとは思いますけど、プロの選手ですら怪我をするのですから、真剣に取り組んでいたら怪我をするのはある意味当然。

『運動が足りないんじゃないの?』みたいな良くわからない発言をされましたけど、アホか、1日でおたくの1年分以上の運動しとるわって感じ。

週に5回ほど練習していて足りないか~、甘かったな~。

とは全く思いませんけど、年を取っても相手の事とか気持ちとか、全然考えないでテキトーな発言する人間もいるんだなと。

ああはなるまいと思った次第。

インストラクターを辞めた以上、関わりたくない相手とは関わらなくて良いので、非常にストレスは少ないですね。

スピードには神が宿るって本当かな

成功者が良く口にする『スピードには神が宿る』という言葉。

多くの人の意見はやはり正しいことが多いと思うから、個人的には真理だと思うんですよね。

先日、ある後輩に仕事というか、ちょっと頼まれごとをしたんです。

簡単に言うと、その後輩の書いた文章を、僕がツールでサイトに上げるっていう作業なんですけど、圧倒的に遅いんですよね、記事の納品が。

僕であれば1時間もかけずに、とりあえず文章を納品しちゃいますけどね。

そうすれば相手にもやる気が伝わるし、無駄に時間を取ることもないから効率的だと思うんです。

相手が忙しい人で、請け負ってくれると約束した時は余裕があっても、一週間後はそんな余裕は無いかも知れない。

であれば、少しでも早く、確実に納品したほうが相手にも好印象だし、良いことずくめだと思うんですよね。

師匠に当たる人からちょっとした頼まれごとをした僕ですが、速攻でレスポンスしました。

こーゆーことが出来る人が少ないからこそ、スピードの重要性が更に上がるんでしょうね。

他の人と差別化を図りたいなら、意識だけですぐに出来る『スピード』、変えてみてはいかがでしょうか?